駐車場経営マガジン

ライドシェアリングと駐車場シェアリング広がり

ライドシェアリングと駐車場シェアリング広がり

自動車の相乗りを意味するライドシェアリング。

空いている座席を活用し、他者とガソリン代などを負担し合うことで交通費が節約できるため、欧米では安価な交通手段として広く浸透しています。

また、駐車場のシェアも広がりを見せています。

世界50カ国以上に進出したUber

インターネットの普及、ITの発達に伴い、シェアリングエコノミーの事業化が進んでいます。

相乗り相手の仲介を行うサービスも日本国内で普及しています。

ライドシェアサービスは、2010年に米国で開始された「Uber」を中心に、世界的に広がりつつあると言われております。

Uberは2015年までに世界50カ国以上に進出してサービスを提供しています。

日本では自家用車が有料で客を乗せることは禁止

日本国内では、2007年に初めてライドシェア仲介サイトが開設されて以降、類似のサービスが登場し、徐々に認知が進んでいます。

しかしながら、日本の法律では自家用車が有料で客を乗せることは禁止されているため、同乗者が謝礼として燃料代や高速代相当の費用を支払う非営利のサービスに限られています。

駐車場シェアリングサービスも盛り上がりを見せている

駐車場業界では、akippa、軒先パーキング、特Pなどの駐車場シェアリングサービスも盛り上がりを見せています。

駐車場業界の売り手の市場に参入してきたと言えるでしょう。

今や一般的になりつつあるライドシェアや駐車場シェアリングサービス。

今後どれだけ市場が拡大するか、注目です。

ライドシェアリングと駐車場シェアリング広がり

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした