駐車場経営マガジン

一括借上げ|用語集

一括借上げ|用語集

「一括借上げ」とは、不動産管理会社が、土地や不動産をオーナーから借り上げ、利用者・入居者に貸し出すシステムです。

従来型の賃貸住宅経営や駐車場経営は、オーナーが入居者・利用者と直接契約を結び、賃料の全てを収入とする形態でした。しかし、入居者・利用者の募集や不動産の管理、トラブル対応など、多岐に渡る業務を、自身で対処するか別途業者を手配する必要がありました。

一括借上げでは、不動産管理会社が規定の金額で全ての土地、建物、付帯施設を借り上げ、管理・運営の全てを担います。そのため、オーナーは一定の費用を負担しますが、契約期間中は空室・空き区画があった場合でも、規定の保証料が支払われます。そのため、ノウハウがなくとも低コストで管理運営が可能で、リスクも軽減されるメリットがあります。

不動産管理会社は、自社で土地を購入し、建物や駐車場を設置した場合、固定資産税が発生します。一括借上では、名義人はオーナーですので、不動産管理会社には固定資産税が発生しません。

オーナー・不動産管理会社の双方にメリットのある手法だとされており、現在、主流となっています。

「一括借上げ」とは、不動産管理会社が、土地や不動産をオーナーから借り上げることです。その後、不動産管理会社が、利用者・入居者などの第三者に貸し出します。

従来型の賃貸住宅経営や駐車場経営は、オーナーが入居者・利用者と直接契約を結び、賃料の全てを収入とする形態でした。しかし、入居者・利用者の募集や不動産の管理、トラブル対応など、多岐に渡る業務を、自身で対処するか別途業者を手配する必要がありました。

一括借上げでは、不動産管理会社が規定の金額で全ての土地、建物、付帯施設を借り上げ、管理・運営の全てを担います。そのため、オーナーは一定の費用を負担しますが、契約期間中は空室・空き区画があった場合でも、規定の保証料が支払われます。そのため、ノウハウがなくとも低コストで管理運営が可能で、リスクも軽減されるメリットがあります。

不動産管理会社は、自社で土地を購入し、建物や駐車場を設置した場合、固定資産税が発生します。一括借上では、名義人はオーナーですので、不動産管理会社には固定資産税が発生しません。

オーナー・不動産管理会社の双方にメリットのある手法だとされており、現在、主流となっています。

一括借上げ|用語集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!