駐車場経営マガジン

更地・空き地をコインパーキングに転換するメリットとは?

更地・空き地をコインパーキングに転換するメリットとは?

せっかく土地を持っているのに、うまく活用できず更地・空き地のままにしていませんか? 遊休地に課せられる税金は、利用している場合に比べ高額です。資産であるはずの土地が、資産を圧迫する場合もあるのです。しかし、建物を建てるにも費用がかかるため、なかなか踏み出せない方も多いと思います。そんな方におすすめなのが更地・空き地を、コインパーキングなど駐車場として整備し、固定資産税を抑え、収入を増やす手法です。

更地・空き地を駐車場に転換する5つのメリット

更地・空き地を駐車場(主にコインパーキング)に転換するメリットは、以下のようなものが考えられます。

・安定収入
・路上駐車や迷惑駐車、交通渋滞などを緩和し地域社会にも貢献
・固定資産税の節税
・活用方法がまだ決まっていない土地の暫定利用
・維持・管理の手間が不要

あくまで、一例ですがコインパーキングとして有効活用することでさまざまな恩恵を受けることができます。

コインパーキングで安定的な収入を獲得

コインパーキングは、駐車場管理会社に運営を委託することで、売上にかかわらず、安定した収入を得ることができます。土地オーナーとしてはノウハウも必要なく、更地・空き地から簡単に始めることができます。

また、近隣に路上駐車が多い場合、駐車場不足が原因となっていることがあります。コインパーキングができることで、路上駐車が減少すると、交通事故や交通渋滞の緩和に繋がり、地域社会に貢献ができるのです。

更地・空き地をコインパーキングにすると節税につながる

「土地は所有するだけでは資産が減る」と表現されることがあります。なぜなら、土地を所有しているだけで固定資産税や都市計画税などの費用が発生するためです。

固定資産などを下げるには、建物を建てる、1つの土地を2つ以上の土地であると「分筆」するなどの方法があります。

しかし、それでは出費が減少するだけで、利益を生み出す価値ある資産とはなりません。土地の条件次第ですが、コインパーキングを設置することで、納税額を上回る収益を上げながら、有効活用することができるのです。

将来的な計画に着手するまでの収益確保としてのコインパーキング

すでに土地活用の方法は決まっていても、建物を建てたりする場合は、施行までにかなりの時間を要します。施行までの期間をコインパーキングなどに土地活用することで、無駄もリスクもない状態で、収益を上げることが可能です。

たとえば、将来的にマンションやアパート、ビルなどの建築を予定している土地であっても、短期間だけコインパーキングにすることで、空いた期間を無駄にせず収益を生み出せます。

さらに、期間などは契約内容にもよりますが、2年ほど継続するのであれば、初期費用は駐車場運営会社が負担するケースもよくあります。維持・管理もまとめて委託できるので、手間がかからないのもポイントですね。

土地を「資産」に! 空き地・更地のままではもったいない

土地活用には、税金対策、安定収益、老後設計、生活設計など、状況よってさまざまな目的があります。更地・空き地をただ所有しているだけでは、資産としての価値が薄れてしまいます。何のために所有している土地のか、その目的を明確にした上で、収益を出していくことが大切なのです。

更地・空き地をコインパーキングに転換するメリットとは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!