駐車場経営マガジン

災害に強いコインパーキングにするために

災害に強いコインパーキングにするために

台風や地震など、日本にはさまざまな災害が存在します。今や社会インフラの一つとも言える存在になっているコインパーキングは、災害時にどのような影響を受けるのでしょうか。

自然災害はコインパーキングに被害を与えることも

コインパーキングはシンプルに見えても思いのほかさまざまな物が設置されています。P看板や料金看板、精算機、フラップ板、ゲート。

こうした設備は自然災害によって損傷する可能性も当然あります。さらには、パーキングメーターやフラップの損傷・誤作動、飛来物・倒壊物による施設・車・近隣建造物への損傷等も起こり得ます。

この様に自然災害はコインパーキングにも大きな影響を与える可能性があるのです。したがって、あらかじめリスクヘッジをしておく必要があります。

24時間体制で災害に備える

駐車場運営会社では、災害に配慮した施設設計を行います。また、災害時には被害対応などにあたります。災害時に起こりうる被害や影響を計算しつつ、災害に備えているのです。

災害時に限らず、駐車場管理会社では、24時間いつでも現地に出動できる体制を整えております。災害時のシミュレーション、そして手厚い体制。駐車場管理会社はこれらによって大切なオーナー様のコインパーキングを守っているのです。

 

 

災害に強いコインパーキングにするために

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした