駐車場経営マガジン

高齢の自動車運転免許保有者の増加

高齢の自動車運転免許保有者の増加

“若者の車離れ”が叫ばれ、若年層の免許保有率・自動車所有率が下がる一方で、自動車運転免許を保有する高齢者が増加しています。その理由とコインパーキングを始めとする駐車場業界に与える影響について解説します。

75歳以上の自動車運転免許保有者が増加傾向 平成33年には613万人まで増加の見込み

内閣府が公表している「平成29年交通安全白書」によると、75歳以上の運転免許保有者は平成20年には304万人だったものが、平成29年には542万人まで増加しています。さらに平成33年には613万人と、平成20年と比較して倍以上に増加する見込みとなっています。

これは、人口動態の変化によるもので高齢者人口が増えるとともに、高齢ドライバーも増加していると考えられます。

高齢者は、動体視力や瞬時の判断力の低下など加齢による身体機能の変化があり、ハンドルやブレーキの操作に遅れることがあります。それが、交通事故も高齢者ドライバーによる割合が増えています。

「危ないから、車に乗るな」というのは簡単ですが、実際に生活していく上で必要な場面も多く、高齢者講習の受講も増えています。

高齢ドライバーに配慮したコインパーキングとは?

車を運転する高齢者が増加しているということは、必然的に駐車場の利用客も増えていきます。
高齢の利用者に話を聞くと「車間が狭くて駐車が怖い」「入り口が入りにくいと他の駐車場を探してしまう」と駐車場内での事故を不安に思う声があがりました。
駐車場内のトラブルに関しては一切の責任を負わないと規定を設けている駐車場がほとんどですが、実際に事故が発生した場合、トラブルの元となります。
高齢者の利用が多いエリアで駐車場経営に臨む場合は、車室間に余裕をもたせたり、視野を良好にするなど、安全面に配慮した作りにすることをおすすめいたします。

高齢の自動車運転免許保有者の増加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした