駐車場経営マガジン

日本の空き家戸数推移

日本の空き家戸数推移

日本全国で増え続ける空き家。本稿では、その推移や問題点について見ていきましょう。

日本の空き家戸数は820万戸

高齢社会であり、人口減少社会でもある日本では、土地や空間などの不動産を取り巻く環境も大きく変化しています。例えば、近年話題になっている「空き家問題」は、若者が進学や就職を機に都市部へ流出したり、子供がいない為に家を継ぐ後継者がいないために発生しています。日本の空き家戸数は820万戸で、総住宅数に占める割合は13.5%にもおよびます。

(総務省「平成25年住宅・土地統計調査」)

2033年に空き家数は2166万戸に

世帯数の減少と総住宅数の増加に伴って、2033年に空き家数は2166万戸、空き家率は30.4%となる見通しです。空き家の増加は、社会問題にもなっています。火災や防犯など、生活環境の保全に支障を及ぼすことが懸念されているからです。また、生活環境への悪影響など、周辺住民に大きな不安や迷惑を与えていることも、近年問題になっています。防災性・防犯性の低下やごみの不法投棄といった問題が顕在化しています。

土地活用で空き家問題を解決する

空き家問題の解決のために、空き家、古家を解体してコインパーキングにすることは有効な手立てです。空き家がもたらず社会問題を解決するばかりか、路上駐車を減らすことにも繋がります。また、空き家をトランクルームやコインランドリーなどに転用し、空間を有効的に利活用する方法もあります。いずれの方法も、社会問題を解決することができ、かつ土地の有効活用につながるものです。

日本の空き家戸数推移

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした