駐車場経営マガジン

マンションにコンテナボックス コインパーキングの跡地は何に転用できる?

マンションにコンテナボックス コインパーキングの跡地は何に転用できる?

土地活用を考える際、将来別の活用を行うことを見据えて、暫定的に駐車場経営を選択するケースがよくあります。駐車場経営は初期費用がかからない上、建物がないため更地に戻しやすいからです。では、実際にコインパーキング跡地は、どのように活用されているのでしょうか。

アパート・マンション経営で高収益化を

土地活用の中でも、高い収益が見込めるのがアパート・マンション経営です。しかし、駐車場経営と比較して高額な初期費用が必要であったり、ローンを組む必要があります。それだけにリスクが高いため、すぐに踏み切るのは難しい…といったケースも少なくありません。

その場合、周辺の開発環境や資産状況に応じて、一時的にコインパーキングを経営。収益を確保しつつ、条件が整ってからアパートやマンションに転用するというケースが目立ちます。また、相続の関係で、名義変更後にアパート・マンション経営を始めるケースも見られます。

建設に着手するまでの間、更地にしておくと、収益がない状態で固定資産税だけが発生してしまいます。したがって、初期費用がかからず、転用が容易なコインパーキングを選択するケースが多いのです。

コンテナボックスやトランクルームへの転用

コインパーキングを、コンテナボックスやトランクルームなどの収納設備へと転用して貸し出すケースも一般的です。これは、立地条件を分析し、より高収益を目指して転用する場合が多いようです。

コンテナボックスやトランクルームは、コインパーキングのスペースをすべて転用するのではなく、一部分を転用することことも可能です。リスク分散の意味でも、効果を発揮します。

近隣にコインパーキングが多い。コインパーキングのニーズが少ない。このような場合でも、用途を変えれば収益化が見込める場合、転用を検討してもよいでしょう。

駐車場管理会社が相談に乗ってくれる場合も

コインパーキング経営は転用しやすいメリットがあるものの、継続したほうがいいケースも多くあります。

アパート・マンション経営を始めたからといって、必ず収益が増えるわけではありません。場合によっては空室が多く、ローンだけを抱えてしまうケースもあります。

管理運営を委託している企業では、転用のサポートをしているところも多くあります。まずは一度相談してみることをおすすめします。

マンションにコンテナボックス コインパーキングの跡地は何に転用できる?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!