駐車場経営マガジン

不動産活用の比較

不動産活用の比較

不動産活用には、駐車場以外にもさまざまな選択肢があります。一般的な活用方法としては、アパート・マンション、オフィスビル、テナント賃貸が挙げられます。それぞれ、どのようなメリット・デメリットがあるのか、見ていきましょう。

アパート・マンション経営

建築の中では、比較的少ない初期投資で賃料収入が得られる土地活用である、アパート・マンション経営。賃貸家賃で現金収入を得ることができる上、すでに土地を所有している場合、収益性はさらに高くなります。毎月収入を得ることができるため、“私的年金“と考える人もいるほどです。ローン完済後には家賃収入がそのまま収益となり、無担保の土地も資産として手元に残すことができます。

アパート・マンション経営のメリット

賃貸アパート経営は節税面でのメリットがあります。遊休地や駐車場と比べると、固定資産税は6分の1に、都市計画税は3分の1に軽減されます。相続税では、金融資産を相続するより大幅に軽減されます。アパート、マンション用地は貸家建付地(貸家の目的とされている宅地)なので、遊休地や駐車場と比べると、評価は下がります。

アパート・マンション経営のデメリット

アパート・マンション経営を行う上で、空室のリスクが最大のデメリットです。空室が多いほど収入が減少してしまいます。建物が古く老朽化することにより、なかなか入居者が決まらず入居率が減少してします。そのために、修繕など前もって修繕費などの計画をたてておく必要があります。

不動産活用全体を理解し自己の資産の特徴、および活用方針、目的などを考慮し最適な活用方法を探る事が必要不可欠になります。税金対策、安定収益、生活設計など、何のために行うのか、その目的を明確にしておくことが大切です。

オフィスビル経営

不動産活用について、収益面を重視される方も多いでしょう。初期費用が高くても高い収益を得たいという方は、オフィスビル経営も選択肢の一つに入るかと思います。オフィスビルと居住用物件では、設備や仕様に違いがあり、建築コストや賃料収入、管理費などのランニングコストも違ってきます。積極的に土地活用をし、収益を得たいのか、土地を暫定的に活用し収益を得たいのか、規模や期間、リスクや投資額などによっても活用方法が変わってきます。

オフィスビル経営のメリット

すでに土地を所有している場合、収益性が高くなることは、オフィスビル経営最大のメリットでしょう。土地の立地条件や場所にもよりますが、オフィスビルは、アパートやマンションと比べて家賃収入が高額になる傾向にあります。

アパートやマンションは個人が借りる場合が多い一方、オフィスビルは法人が借りる場合が多いのが特徴です。企業の事務所や営業所として使用する場合もありますが、オフィスビルで借りた物件をテナントとして扱い、いろいろな事業を行う方法もあります。

飲食店舗、福祉事業、トランクルームやコインランドリー、シェアオフィス(コワーキングスペース)など、いろいろな活用方法が選択肢として存在します。

オフィスビル経営のデメリット

オフィスビル経営には、デメリットも存在します。

まず、初期費用の高さです。環境の整備や電気設備など、アパートやマンションより充実した設備や仕様が必要ですので、建築コストも大幅に高くなります。

また、空室となった際のリスクが高いことも挙げられます。空きテナントなどの募集をかけて、借り主が見つからない場合、かなりの痛手となります。収益性が高いということは、リスクも大きいのです。

テナント賃貸経営

テナント賃貸経営は、比較的リスクが低い不動産活用と言えます。テナントは、オフィスビルなどに賃貸契約で入居する、事務所や店舗を意味します。もちろん場所や部屋の大きさにもよりますが、オフィスビル経営、商業ビル経営は建築コストや設備投資、管理費ランニングコストが割りと高めなのに比べて、テナント賃貸経営の方がリスクが低いとされています。

テナント賃貸経営のメリット

テナント賃貸経営の最大のメリットは、収益性が高く、投資回収が早いという点です。アパート・マンションなどの居住用物件と比較すると、法人が事業用として借りるパターンが多いため、比較的高い家賃を設定することができます。商業テナントから得られる賃料は、アパート・マンションの1.5〜2倍程度とされています。

初期費用を抑えられるという点も見過ごせません。テナント賃貸物件は、建築費用や設備投資にコストが大幅にかかるイメージが強いかもしれません。しかし、条件にもよりますが、事業用物件は居住用物件に比べ内装費が少なく済むため、コストを抑えて建築することも可能となります。

テナント賃貸経営のデメリット

オフィスビル経営同様、空室のリスクは伴います。空きテナントなどの募集をかけて、借り主が見つからない場合は、空き物件の収益が得られません。

さまざまな土地活用から経営判断を

大切なのは、様々な不動産活用ステージがある中から、オーナー様のニーズにより、活用方法が変わってくるという点です。安定した収入を得たいか、変動しても高い収益を得たいか、高収益を求めているか、安定した収入を得たいのかによっても不動産、土地活用手段は変わってきます。さまざまな不動産活用がある中から、経営判断を行うべきでしょう。

不動産活用の比較

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした