駐車場経営マガジン

個人管理か管理委託か 月極駐車場の管理体制を考える

個人管理か管理委託か 月極駐車場の管理体制を考える

月ごとの賃料を設定して貸し出す「月極駐車場」。安定した収入を得るためには、空車がある場合の募集、賃料の請求、不法駐車への対応などの、管理が不可欠です。管理については、オーナー自身が直接管理する場合(個人管理)と、不動産会社などに管理を委託する場合(管理委託)があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

個人管理の場合は収益面でメリット

個人管理の場合は、すべてがオーナー自身の業務になり、発生した収益がすべて自身の手元に入ります。一方で、すべての利用者と個別に契約を結び、更新手続きや、料金請求が必要になるなど、手間も大きくなります。

利用者とのトラブル処理も大きな負担となります。駐車場内での事故や不正駐車、大型ゴミの不法投棄。オーナーが直接出向き、個別に処理する必要があります。

月極駐車場経営を主な生業としているのであれば、時間と労力を割けるかもしれません。ただ、他の事業を経営していたり、会社勤めである場合、管理業務が疎かになってしまうケースもあります。

管理委託は月極駐車場の運営に関わる業務すべてを任せられる

オーナー自身の手で管理が難しい場合、不動産会社や駐車場管理会社に、月極駐車場の管理委託を検討することになります。

収益の一部を支払う必要はありますが、契約・更新などの手続きや、集金などの業務、トラブル対応やメンテナンスまで、運営に関わるすべてを任せられます。

また、経験豊富な管理会社の場合、月極駐車場の管理ノウハウも蓄積されています。利用者の満足度も高まり、空車率の低下やトラブル防止にも繋がります。

個人管理か管理委託か状況に合わせて選択を

個人管理と管理会社への委託は、どちらが良いのでしょうか。仮に、月極駐車場の「質」が担保でき、管理に時間と労力が割けるのであれば、個人管理でも問題ないでしょう。

しかし、自信がない場合は、管理会社などへの委託がお勧めです。もちろん、オーナーへの収入は低下する可能性がありますが、しっかりとした管理体制により、オーナーと利用者の双方がストレスなく過ごせます。それが結果として、安定経営につながります。なにより、時間が取られないので、本業や趣味など、時間を有意義に使えます。

月極駐車場の個人管理か管理委託かを選ぶ場合は、ご自身のライフスタイルに合わせて選択してくださいね。

個人管理か管理委託か 月極駐車場の管理体制を考える

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!