駐車場経営マガジン

新たな時代におけるコインパーキング経営

新たな時代におけるコインパーキング経営

人口減少社会に技術発展。これまでとはコインパーキング経営の環境が大きく変化しています。これからの時代のコインパーキング経営について考えます。

人口減社会におけるコインパーキングの強み

少子高齢化による人口減少社会となった日本。不動産業界も、今後大きな変化がでてくると思われます。実はコインパーキングは、こうした世の中において、強さを発揮する土地活用法です。

不動産の価値は、環境の変化によって大きく左右されます。土地を相続したはいいが、活用方法に悩んでいる。自分の資産がどれだけの価値になるか悩んでいる。こうした声が近年、多く聞かれるようになりましたが、人口減少などの環境下においては、資産を守るのであれば、より積極的な戦略が必要になってくる事でしょう。

短期的には、できるだけ早いうちから相続対策をに取り組むことがベター。中長期的には、資産の組換えが必要になることもあり得るでしょう。例えば、価値が低くて広い土地であれば、狭くても価値の高いものに組み換えることで、税制面での対策にもなります。

大事な土地資産を活用する上で必要なのは、いち早く不動産情報を集め、信頼できるパートナーを見つけること。土地活用をする上で、誤った経営判断をしないよう、慎重に資産価値を高めることが重要となります。したがって、まずは信頼できるパートナーを探すことになります。

AI技術はコインパーキング業界をどう変えるのか

私たちは今も車社会に生きているわけですが、車関連産業におけるAIを中心とした技術革新は、目を見張るものがあります。例えば、今や車の自動運転は「レベル4」に達したとされています。レベル4は、特定の場所において、システムがすべての運転を担当する状態です。

将来的に、自動でコインパーキングに駐車するシステムも普及するかもしれません。自動運転が広がることで、私たちの生活は、より便利になることでしょう。他方、駐車場業界にどのようなリスクがあるかは、まだよく分かっていません。

キャッシュレス精算が進む

駐車場業界では今、ロックレス、予約システム、キャッシュレス精算、シェアリングなどの新しい試みが増えています。なかでもキャッシュレス精算は、今後日本国内においても普及が進むと考えられており、コインパーキング業界にも大きな影響を与えるはずです。

現状のコインパーキングは精算機にコインを投入するスタイルが多いのですが、キャッシュレスがこれに取って代わるでしょう。今後、精算機のキャッシュレス対応が求められることが予想されます。

今後も車や駐車場関連の技術革新によって、コインパーキング業界にも大きな波が訪れることでしょう。すでにコインパーキングを経営されている方は、最新情報を常にキャッチアップするように心がけ、ぜひ経営に生かしてください。

新たな時代におけるコインパーキング経営

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした