駐車場経営マガジン

IoTの発展で通信事業者の参入相次ぐ駐車場シェアリング

IoTの発展で通信事業者の参入相次ぐ駐車場シェアリング

近年、駐車場シェアリングが話題を集めています。個人や法人が所有する駐車場や、駐車可能な空きスペースを、スマートフォンアプリなどのプラットフォームを介して、直接利用者に貸し出すというもので、貸主、借主双方ともに手軽に利用できることから需要が増加。参入企業も増えています。

比較的参入障壁が低い駐車場シェアリング

駐車場シェアリングの台頭には、IoT(Internet of Things)の発達が深く関わっています。誰もがスマートフォンを持ち、いつでもどこでもインターネットを介して即座に情報を共有できるようになり、需要と供給を即座にマッチさせられるようになったのです。

コインパーキングを経営する場合、利用する土地は契約期間内は、24時間常にコインパーキングとして利用しなければならず、専用の土地を用意しなくてはなりませんでした。もちろん、そうするメリットも大きのですが、誰もが簡単に参入できるものではありません。

駐車場シェアリングでは、自宅の駐車場1台分、月極駐車場の空き区画などをその時だけ貸し出すことができるので、非常に敷居が低いのが特長です。スマートフォン経由で簡単な情報を入力すれば、誰でも利用できる手軽さも魅力となっているようです。

通信事業者が続々と駐車場シェアリング事業に参入

ソフトバンク株式会社は、企業や個人が所有する空き駐車場と、駐車場を利用したいドライバーを、IoTプラットフォームを活用してマッチングするパーキングシェアリングサービス「BLUU Smart Parking(ブルースマートパーキング)」を、2018年10月下旬から提供開始。このように、通信事業者が続々と参入しています。今までの駐車場業界の常識をくつがえすサービスが生まれているのです。

事業者は、実際の管理業務や工事等を必要とせず、手数料収入を得ることができます。プラットフォーム構築技術のある通信事業にとっては、他の事業者と比較すると、いくぶん参入障壁が低いといえます。

コインパーキングにできない更地も駐車場シェアリングサービスでは利用可能なことも

数台分の駐車スペースが確保できる土地であれば、管理や運用や収益の安定面を考えて駐車場管理会社に委託し、コインパーキング経営を始めるメリットの方が大きいでしょう。駐車場シェアリングサービスは、「1台分のスペースだけ貸し出したい」「仕事中に空いている平日昼間だけ貸し出したい」などの、比較的ニッチな需要に応えるサービスです。

立地的に、駐車場管理会社からコインパーキング経営を断られた土地でも、自身の裁量で貸し出せるため、これまで以上に駐車場経営の幅が広がっている時代といえるでしょう。

IoTの発展で通信事業者の参入相次ぐ駐車場シェアリング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした