駐車場経営マガジン

コインパーキング経営を始めるには一括借り上げ方式がお勧め

コインパーキング経営を始めるには一括借り上げ方式がお勧め

空き地や相続などで受け継いだ土地をそのままにしておくと、多額の税金がかかってしまいます。節税効果のある土地活用にはさまざまな方法がありますが、手間と時間がかからず、初心者でも手軽に始められる方法として駐車場経営がおすすめです。駐車場管理会社に任せれば、リスクと投資が抑えられる契約形態を選ぶことができるからです。

 

駐車場管理会社に管理委託

駐車場経営を始めようとした場合、候補地がどれだけ駐車場としての価値が見込まれるかなどの調査をします。月極駐車場とするかコインパーキングとするかを選択し、料金設定、アスファルト舗装や街燈、フラップの設置など必要な設備投資を行います。開業後は掃除やメンテナンスなどの管理のほかトラブルやクレーム対策など、さまざまな業務と手間が必要になります。駐車場経営は資格が必要ないため、誰でも始められますが、自身ですべてを賄えば、収入と引き換えにリスクも発生します。ところが、駐車場管理会社に委託すれば、初期投資をはじめ、運営に関する手間や業務、リスクが省け、毎月決まった賃金だけを手にすることができます。<h2>初期費用不要で手軽に始められる</h2>
コインパーキングの初期投資は土地の調査費から始まり、精算機は1台80~90万円、工事費は規模によりますが100万円からというのが目安となります。運営費は電話受付、警備、光熱費、機械のメンテナンス費用が必要です。駐車場管理会社に土地を貸し、一切の業務を任せる「一括借り上げ方式」は、初期投資のすべてを委託した業者が支払い、運営も行うため、土地所有者は初期費用ゼロ、運営費ゼロで駐車場経営が始められ、ほぼ不労所得で毎月安定した収入を得ることができます。

 

毎月固定の金額が安定して得られる

駐車場運営会社に委託した場合のメリットは駐車場の稼働率にかかわらず、毎月、固定した金額が支払われることです。駐車場業界では、駐車場管理会社が土地オーナー様から一括借り上げをし、毎月一定額の収入を保証する「一括借り上げ方式」と呼ばれる契約が主流となっています。収入は駐車台数と稼働率に大きく左右されるため、委託した業者によって変わってきます。このため複数の業者と相談して見積もりをとったうえで、信頼できる業者を選び、パートナーを組んで運営することが大きなポイントです。

 

いつでも転用が容易

空き地を駐車場にした場合の利点に相続税対策があげられます。敷地をアスファルト舗装すると舗装料金は1平方メートル辺り5000円程度かかりますが、相続税評価額が最大で50%程度削減でき、固定資産税の削減もできます。また、空き地を駐車場にしておくことで、将来、子供や孫が自分の家を建てたり、ビルやマンションを建てたりするなど土地の転用性や流動性を確保することも可能で、売却もしやすくなります。今はわからなくても、駐車場にすることで子供や孫が後々、検討できるよう多様な可能性を残しておくにも有効です。

コインパーキング経営を始めるには一括借り上げ方式がお勧め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした