駐車場経営マガジン

駐車場経営にマンション経営 何を基準に土地活用法を決めればいいの?

駐車場経営にマンション経営 何を基準に土地活用法を決めればいいの?

オフィスビル経営やアパート・マンション経営など、一口に土地活用と言ってもさまざま。その中でも、駐車場経営は、初期費用が掛からない点などが評価され、根強い人気を誇ります。具体的にどのような場合に駐車場経営を選択するべきなのか、解説します。

不動産活用の3ステージ

土地を所有しているオーナーは、さまざまな土地活用を検討します。そして不動産活用は、そのステージにより活用方法が変わってきます。

不動産活用の世界では、「取得」「保有・活用」「処分」の3つのステージがあり、それぞれのステージで最適な判断を行う必要があるとされます。具体的には、それぞれのステージにおいて、活用方針や経営資源を考慮することになります。

中でも、資金の有無は大きな要素です。しかしながら、運営を駐車場管理会社に委託する場合、コインパーキングの初期費用を負担してもらえる場合が多くあるので、この部分はクリアできるでしょう。
(参考記事)土地オーナーはコインパーキングに初期投資が必要ないって本当?

売り上げ重視の方はビル・マンションの賃貸経営がおすすめ

さまざまな土地活用の中で、十分な初期費用が用意でき、かつ売上げを重視する方は、ビル・オフィスビル経営、マンション経営、アパート経営などがおすすめです。

多額の建築費用がかかる半面、得られる家賃収入も大きいのが特長です。ハイリスク・ハイリターンではありますが、しっかり運用することができれば、大きな収入源となります。

初期投資を抑えた安定経営を目指すならコインパーキング経営を

売上げ重視ではなく、安定した収入を考えている場合は、駐車場経営が向いています。

建物を建てる場合、まとまった資金がなければ資金の借り入れが必要となり、不安も多いもの。駐車場経営であれば、賃貸経営ほどの売り上げはありませんが、初期費用を抑えてスタートすることができます。また、建物の解体費用を負担してもらえる場合もあります。

相続した古い家屋や空き地などがある場合、そのままでは固定資産税がかかるだけ。例として、古い家屋を維持管理しつつ保有したり、リノベーションして店舗経営を始めたり、もしくは解体したり。このように選択肢は複数ありますが、それぞれにリスクや大きなコストがつきものです。そのような場合でも、立地によってはコインパーキングにすることで、労力をかけずに収益化させることが期待できます。

また、コインパーキング経営は、マンションやアパートと比較して、設備等の解体費用が抑えられます。したがって、暫定的な土地利用としてもよく選択されています。

土地活用は目的や資金で判断を

土地は大切な資産。運用次第でしっかりと収益化していくことが可能です。どれくらいの収入が欲しいのか、どれくらいの初期投資がかけられるのか目的に沿った活用方法の選択が必要です。コインパーキング経営は、初期投資を抑え、安定収入を求める方におすすめの手法といえるでしょう。

駐車場経営にマンション経営 何を基準に土地活用法を決めればいいの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!

関連記事
  • 関連記事はありませんでした