駐車場経営マガジン

土地オーナーはコインパーキングに初期投資が必要ないって本当?

土地オーナーはコインパーキングに初期投資が必要ないって本当?

街中でよく見かけるコインパーキング。土地活用の手段としても、一般的になりました。ただ、月極駐車場とは異なり、精算機や駐車エリアに埋め込まれフラップ(羽が上下に昇降するロック板)や看板の設置など、始めるには準備が必要です。「一体いくら必要なんだろう…」と心配になる土地オーナーの方も多いかもしれません。しかし、実は多くのコインパーキングで、初期投資が必要ないことを、ご存知ですか?

初期投資は駐車場管理会社が負担するケースがほとんど

コインパーキングは、駐車場管理会社が土地オーナーから土地を借り受けて、整備・運営するケースも多くあります。

その場合、初期費用はすべて駐車場管理会社が出すことがほとんどです。精算機やフラップなどの機器の設置はもちろん、集客に必要な看板や電灯、電源の引き込み、敷地の整備まで、駐車場管理会社がすべて出資・手配します。

つまり、土地オーナーは、その他の出費を心配しなくてもよいということになります。

工事の手配もすべて任せられる

初期投資の出資だけでなく、アスファルト舗装や機器の設置など工事も駐車場管理会社が手配するケースがほとんど。

多くの駐車場管理会社は、提携、もしくは所有する施工業者を持ちます。一元的に手配してくれるので、スムーズに整備が進みます。

個人で整備しようとなると、どこに手配するべきかも判断が難しいところ。すべて任せられるのは、時間や労力もかからないので、安心です。

初期費用はかからないが「契約期間」が定められる

注意すべき点は、初期費用が一切かからない代わりに、契約期間が定められるという点です。

契約期間中は、土地オーナーであっても、自由に土地の用途を転換することはできません。途中解約に違約金が発生する規定が含まれる場合もあるので、注意しましょう。

契約期間は、コインパーキングの形態や駐車台数、設備によって変わります。これは、初期投資した駐車場管理会社が、投資費用を回収するために必要な期間です。

コインパーキングにおいては、すべての費用負担や工事の手配を駐車場管理会社に任せられるため、オーナーにかかる負担は基本的にゼロ。契約期間の縛りこそあるものの、土地さえあれば費用をかけずに始められるのは、大きなメリットですね。

土地オーナーはコインパーキングに初期投資が必要ないって本当?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事をシェアしよう!